読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オウム返しBOTを動作させる手順

オウム返しをするLINE BOTを作成します。

準備(環境構築)

以下を各自PCにインストールする(クリックするとダウンロードページに飛びます) 。

サーバーを用意する(済)

研修用に用意してもらいました。

LINEビジネスアカウント登録

LINE BUSINESS CENTER から利用登録・各種設定を行う。

1.LINE Messaging API利用登録

  1. Messaging API > Developer Trialを始める
  2. 自分のLINEアカウントにログインする
    パスワードを忘れていた場合
  3. 各種設定してLINE BUSINESS CENTERにログイン

2.LINE@MANAGER設定

  1. アカウント設定 > Bot設定 > API利用する
  2. リクエスト設定 > Webhook送信 利用する
  3. 詳細設定> 自動応答メッセージ 利用しない

3.LINE Developers設定

  1. Basic information> WebhooURL指定(メールでお伝えします)
  2. Channel Access Tokenをメモする

参考に…
LINEビジネスアカウント登録の方法

プロジェクト作成(初日は用意したものを使う)

PHPファイル作成

  1. ファイル冒頭「$access_token=・・・」の・・・部分を自分のBOTのChannel Access Tokenに書き換える
  2. デスクトップに保存する

PHPとは?
WEBアプリ開発で使用される人気のプログラミング言語のひとつ。
WEBアプリとは…ブラウザでインターネットを介して使用することが出来るプログラムのことで、SNSや電子掲示板のようなもののこと。

サーバー上に置く

  1. WinSCPで研修用サーバにログインする
  2. デスクトップに保存したphpファイルを、研修用サーバ上にコピーする

動作確認

  1. 自分のBOTと友達になる
  2. 話しかける