読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LINE BOTの返答を場合分けしたい

「元気?」と聞かれたら「元気だよ」と返答したい

ユーザ「元気?」
BOT 「元気?じゃねぇよ!!」

プログラムは基本的に上から下へ流れます。 途中で「AならCという処理、BならDという処理」というように、処理を分けたい場合が出てきます。
そのようなときは「if文」を書いて処理を分岐させます。

if文

[書き方]

if(条件){  
    //ここに処理を書く  
}  

条件が真のときに{}の中の処理が実行されます。

例:

$num = 1;  
if($num === 1){  
    echo($num);  
}  

★上のサンプルを実際に書いてもらって、サーバに置いてみてみる

★お題:ユーザメッセージが「元気?」のとき「元気だよ!」と返答する

else

条件が偽のときの処理をelse{}の中に書きます。

[書き方]

if(条件){  
    //条件が真のときの処理  
}else{  
    //条件が偽のときの処理  
}  

例:

$num = 1;  
if($num === 1){  
    echo($num);  
}else{
    echo("num is not 1.");
}  

else if

条件を複数並べるときは、以下のように書けます。

[書き方]

if(条件1){  
    //条件1が真のときの処理  
}else if(条件2){  
    //条件1が偽で条件2が真のときの処理  
}else{  
    //条件1も条件2も偽のときの処理  
}  

例:

$num = 1;  
if($num === 1){  
    echo($num);  
}else if($num === 2){
    echo("$num is 2.");
}  

★お題:ユーザメッセージが「近藤春菜」のとき「そうだよ」と返答する処理を追加する

★お題:if文をたくさん作って色々な挨拶に対応できるようにする

★お題:if文で、限定的な会話ができるようにする